KABUOカブで激走。山形、東北街道巡りの旅(たまには海外も)

故郷山形と東北各地の旧街道をメインにHONDAの50ccカブにまたがり各地を巡ります。目標は東北市町村全制覇

若松街道を行く 山元地区と小山家城址編

どーもKABUOです

今回は天童市でも有名で最上三十三観音の一番目に

あたる若松寺に行って参りました。

古い地図を参考にした結果

天童市の街中から山元地区に入り県道280号線に

沿いながら東に進んで行くルートが若松街道に

なるようでしたので若松寺と若松街道、

そして周辺の山元地区と一緒に

ご紹介させて頂きます。

もしかしたら街道とは違うルートを通ってしまった

かもしれませんがご了承下さい



f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20171011232341j:plain



天童駅から東に県道280号線を沿って進み

山形バイパス、国道13号の手前まで到着します。

天童リッチホテルから向かい側が天童市山元地区に

なります。



f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20171011234610j:plain



f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20171011234718j:plain



後は道沿いに沿って進みます、途中で

山元中央公民館がありまた少し進みます。

山元地区は元々は天童市貫津地区と合併して

津山村と言う一つの村でしたが1954年に

天童市(当時は天童町)と新設合併により津山村が

廃止されてしまいます。



f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20171012000016j:plain



f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20171012000118j:plain



聴流寺の看板と自販機が隣にあるバス停の前に

出ますのでそこから右に曲がり真っ直ぐ

県道280号線に沿って行くのが若松街道になります

後は直進して進めば若松寺に到着しますが

少し寄り道したいと思います



f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20171019211551j:plain

小山家城址



1584年に最上義光天童頼澄の戦いに寄り

天童城が落城する事となりますが

天童北部では天童氏の残党も残り、情勢が不安定

だったという事もあり、山家城主(山形市山家地区)

山家師兼の弟である山家師時(やんべもろとき)が

築城し、天童北部への監視を行いますになります。

天童市北部の方に出羽・中堀館や出羽・浅岡館が

あり、そこはまだ天童氏方の残党が残っていた為

監視の目を光らせる為に築城したと思われます。

その後、天童氏の残党は最上義光

対抗しましたが鎮圧され滅ぼされてしまいました

その後、山家師時は、増田城主(秋田県横手市増田)

土肥道近の姉と結婚しその縁を頼りに増田に

移住する事になります

土肥家断絶後は帰農し安部姓を名乗ったと

言われています。



f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20171017220035j:plain

山元沼



その為、元々山元地区は山家と言う地名でしたが

明治6年に今の山元と言う地名に変わったそうです

恐らく、山形市山家と同じ地名があった為

変更されたのだと思います。

写真の山元沼は小山家城の水濠の跡地だと

言われております



f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20171019211732j:plain



若松街道に戻ります、この道を東に真っ直ぐ

県道280号線に沿って進みます。



f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20171019211947j:plain



f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20171019212031j:plain

聴流寺と津山小学校誕生の地石碑



途中に津山小学校誕生の地の石碑が

聴流寺さんの所にありました

現、津山小学校は天童道の駅から

国道13号線向かいの貫津地区にあります



f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20171019213350j:plain

若松地蔵堂



若松地蔵堂近くには陶芸が体験出来る

天童焼若松窯さんがあるそうです。



f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20171019220010j:plain



f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20171019220126j:plain



f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20171019220158j:plain



若松寺の坊の史跡になるのでしょうか?

詳しい事が何も書かれていなかった為

よく分かりませんでした。

ここを過ぎれば若松寺まであと少しになります

続く