KABUOカブで激走。山形、東北街道巡りの旅(たまには海外も)

故郷山形と東北各地の旧街道をメインにHONDAの50ccカブにまたがり各地を巡ります。目標は東北市町村全制覇

若松街道を行く 若松寺を巡る

どーもKABUOです

久しぶりの投稿で若松街道の続きになります

若松街道の目的地、恋愛成就で有名なお寺

若松寺さんをご紹介します。



f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20171031212251j:plain



こちらが入り口になっております

今ではお寺の前まで車道が通っており駐車場も

完備されておりとても便利になっていますが



f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20171031213309j:plain



f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20171031213339j:plain



こちらの鳥居から若松寺に続く古い古道になります

写真はありませんが夏場この道を通り、お寺に

向かいました

斜面は少しキツかったのですが古道を通って

少し苦労したお寺参りも悪くはありませんでした。



f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20171031215323j:plain



でもやっぱり車道で来た方がめちゃくちゃ楽(笑)

いやー汗だくなりながら階段を登るよりも

カブで来た方がいいですって。

そしてこちらが駐車場側の入り口になります。



f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20171031220036j:plain



入り口にあるこちらの石碑には花笠音頭の

一節がかかれています

山形の名物でもある花笠祭りでありますが歌詞では

目出度 目出度の 若松さまよ枝も

チョイチョイ

栄えて葉もしげる

ハァ ヤッショ マカショ   

とありましてその若松さまが若松寺の事です



f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20171116105124j:plain



若松寺の正式名所は鈴立山 若松寺と言う名前になります別名で若松観音と呼ばれています



寺伝によれば、和銅元年(708年)、元明天皇の勅命によって東国巡錫の途中であった行基が鈴の音に導かれ現在の鈴立山に登り、山上で光り輝く三十三観音像を感得したことにより開山されたという[2]。

Wikipedia引用



開山された言う行基について調べたのですが、

聖武天皇の命の元、奈良の東大寺の大仏作成の総指揮にあたったと言われ

関西一帯に様々な寺院の開基に携わったと言われています。



f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20171116123443j:plain



f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20171116120713j:plain

若松観音堂



その後、空海や円仁(慈覚大師)が登山したとの伝承もあり、貞観2年(860年)、立石寺開山の円仁(慈覚大師)が立石寺の山頂付近にあった堂を現在の地に移したという。この頃法相宗から天台宗となる。

Wikipedia引用



慈覚大師、円仁は山形の立石寺の他にも宮城、松島の瑞巌寺、東京浅草の浅草寺

開山にも携わったと言われています

円仁については後日ご紹介させて頂きます

若松寺は縁結びの観音様と呼ばれており、良縁を求めて

観光客が多く訪れています

山形の観光名所で松尾芭蕉も訪れた有名な立石寺は、

参拝すると悪縁祓う有名なお寺で立石寺で参拝してから

若松寺で良縁を求めて参拝するのが

おすすめの観光コースになっています



f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20171116144545j:plain



f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20171116144640j:plain

若松寺本坊



さらにこちら若松寺のご住職と出会い握手していただくと

カップルは長く良縁に恵まれという噂まであり

カップルの方はご住職を訪ねてみると良いと思います



f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20171116145312j:plain



若松寺から見える風景です

夏場に訪れると涼しい風が

吹き居心地のよい場所でありました