KABUOカブで激走。山形、東北街道巡りの旅(たまには海外も)

故郷山形と東北各地の旧街道をメインにHONDAの50ccカブにまたがり各地を巡ります。目標は東北市町村全制覇

大塩裏磐梯温泉と戦国武将、葦名氏山城の歴史 米沢会津街道を行く

どーもKABUOです

 

前回の桧原宿編からの続きになります

 

yamagata.hatenadiary.com

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180209205853j:plain

 

 北塩原村大塩地区 大塩宿

 

北塩原村の大塩地区に到着しました。

大塩地区は米沢会津街道の大塩宿の

宿場町として栄えた歴史があります。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180209210342j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180209210518j:plain

 

大塩裏磐梯温泉

 

温泉街もある大塩地区、

源泉は食塩泉で少し塩辛いのが

特徴的な温泉です

 

その歴史は 開湯は1000年前とされる

江戸時代はこの温泉から塩が取られ、会津藩の御用塩であった。

古くは大塩温泉、北塩原温泉と名乗っていたが、近く(大沼郡金山町)に同名の温泉地があることなどから、裏磐梯を温泉地名に含めた名前を名乗るようになった。

Wikipedia引用

 

また大塩地区は昔から塩の生産が盛んで

会津藩のお殿様や皇室にも

献上された事もあったそうです

 

そのお塩で作った会津山塩ラーメンが

これまた絶妙!!

こちらでもご紹介しましたので

是非読んでください

 

yamagata.hatenadiary.com

 

 大塩地区から次の福島県喜多方市熊倉地区

宿場町のあった熊倉宿を目指します

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180209213242j:plain

 

北塩原村生涯学習センター

 

旧大塩小学校になります

今では北塩原村生涯学習センター

として使用されています

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180209213136j:plain

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180209213704j:plain

 

柏木城跡

 

1584年に黒川城(現会津若松城)

蘆名盛隆山形県米沢市の伊達氏の

備えに築城したと言われている城です。

 

1584年は伊達政宗が伊達家当主として

家督を継いだ年と一緒です

それだけ伊達氏の動きを

警戒していたのでないでしょうか

 

この柏木城跡の看板から左に行く道が

旧街道になりますので進んでいきます

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180211102626j:plain

 

樟の一里塚

 

バイクを走らせていたら

樟の一里塚がありました

北塩原村の史跡として

保存されているようです

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180211104817j:plain

 

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180211104905j:plain

 

北塩原村関屋地区に到着です

関屋地区では、

昔の案内表記みたいな柱があります

 

古くて文字が掠れていますが

左が熊倉、塩川、右が大塩、桧原と

表記されています

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180211110602j:plain

 

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180211110643j:plain

 

会津一望の丘

 

 北塩原第一中学校近くにある丘の上です

会津若松の市街地や喜多方市が一望できる

スポットになります

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180211111227j:plain

 

綱取城跡

 

北塩原村第一中学校の

少しとなりにある綱取城跡です

となりの米沢、伊達氏の侵攻に

備えて築城された山城になります

 

山の名前が要害山と言う

名前に相応しく説明の看板に

網を取って登らなければならない

険しい岩山だったと説明されています

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180211111325j:plain

 

少しインターネットで

調べてみましたの記載します

 

綱取城の城主は松本氏で古くから

この地を治めた豪族だと言われています。

その後、会津一帯を治めていた

葦名氏の家臣となり葦名四天宿老と

呼ばれる様になります

 

このことから葦名氏重臣のなかでも

特別な存在だったことがわかります

 

しかし葦名氏に絶対服従していた訳ではなく

1500年と1505年の二回、

葦名氏に対して謀反の疑いや重臣達の

内輪揉めによる反乱の記録が残っています。

 

その後、松本氏は伊達氏が治める

長井庄に落ち延び綱取城は

一度廃城になりますが

米沢の伊達氏が勢力を広げる中で

侵攻に備えて再び築城される事になります

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180211120046j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180211120120j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180211120226j:plain

 

 近くには松本氏に関連した

史跡や城跡が数多く残っています

ほとんどが国道459号沿いにありますので

観光しやすいと思います。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180211120859j:plain

 

喜多方市熊倉地区 熊倉宿

 

関屋地区から喜多方市熊倉地区に到着しました

ここが米沢会津街道の宿場町だった

熊倉宿があった場所になります

続く

 

yamagata.hatenadiary.com